海外事業
International

マーケット情報
market info

シンガポールマーケット

海外不動産

シンガポールマーケット

シンガポールマーケットレポート2020年第2四半期

住宅市場見通し
海外渡航制限やロックダウンにもかかわらず、シンガポールの住宅市場への外国需要は完全には無くならなかった。
中国本土の富裕層の買い手は、インフレや通貨切り下げにより通貨価値が下落するリスクをヘッジすることを目的とし、資産を海外に分散するために、オンラインプラットフォームを通じてシンガポールの高級不動産を購入していると報じられている。
各国がロックダウン措置を徐々に緩和するにつれ、住宅用不動産に対する外国需要は、時間とともに改善する可能性がある。

PDFをダウンロード(3.0MB) pdf

シンガポールマーケットレポート2020年第1四半期

2020年第1四半期のシンガポールにおける投資額は33億ドル(2,475億円)と
2019年第4四半期の50億ドル(3,750億円)から大幅に減少した。
コロナウィルス感染症の広範化は世界的な景況感を悪化させている。
企業はコスト削減策を講じ、投資家は投資判断に慎重な姿勢を示している。

PDFをダウンロード(2.0MB) pdf